あなたはブログで集客できてますか? | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

あなたはブログで集客できてますか?

あなただけのキーワードを見つけ、一生使えるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。


さて、先日のコンサルで印象的なことがあったので今日は、そこからお伝えしていこうと思います。
「のんさんのメルマガ、面白かったです!だって、セミナーに1人しか申し込みがないって(笑)。
そこまで書くんですね~」
はい、そこまで書いちゃいました(笑)。
ま、事実はそのとおりだし、「やるべきことをやっていなければ集客できない」というのは、WEBマーケティングでは当然のこと。
それをお伝えしたい、という気持ちもあったのです。



ブログさえ書けば集客できる?


私はブログの書き方を講座で教えていますが、それは、「ブログの書き方を教えてください」「なかなか書けないんです・・・」と相談されることが多かったからでした。


なので、コンセプトの考え方や記事のテーマの立て方、見出し(記事タイトル)のつけ方、文章のノウハウ・・・
などなど「ブログの文章」をメインにお伝えしていますが、そのブログの目的は?というと、お客様と出会うため=集客と答える方がほとんどです。
集客したいからブログの書き方を学ぶ、ということなんですね。


ところがですね、よいブログを書く → 集客できる
という直線ではないんです。


集客ができるようになるにはほかにもツールや要素があり、すべての力が合わさって初めて集客になる、という感じ。
要素をつなぐ導線がしっかりできていること
つまり「仕組み」があるということのほうが重要なんです。
その仕組みの中で中心にあるのはブログなのでよいブログを書くのは集客の大前提、といったほうがいい、と思います。
よいブログが書けていればその先の仕組みがうまく回る、ということなんですね。

 

「仕組み」をうまく回すには・・・


集客するには、「仕組み」をつくることとそれをうまく回すことが大事なポイントです。
その「仕組み」の中には、Facebook投稿やメルマガや広告なども含まれます。
どんな仕組みをつくるかはもちろん、ビジネスによって違うのですが、ブログ単体ではなくいくつかのツールやメディアを組み合わせていくという発想が必要です。


その上で、やるべきことをきちんとやる。
「やるべきこと」というのは ブログを書くことだったり、メルマガを発行することだったり、SNSでリンクをはることだったり、一つ一つの工程で発信をし続けること。
じっくりと個別に相談を受けられるコンサルティングでは、 こういった「仕組み」をご提案することが増えてきています。


ウェブサイトの目的、ブログの目的がビジネスの発展である場合は、「ブログを書く」だけでは達成できないからです。
そうそう、昨日のコンサルでも、本当に欲しい反応は、サイトへのアクセス数ではなく、その先のお客様の行動だった!ということが明確になり、ブログ記事以外の次に打つ手のアイディアがたくさん出てきました!


お申し込みがないのは、実はお客様が欲しいと思う商品がないことだったり、 欲しい!と思わせるオファーをしてないことだったり、 そんなところに原因があるのかもしれませんよ。


いずれにしろ「文章が書けること」は最大の武器になるので ブログをがんばるのは正解!です(笑)。
(やっぱりそこかい!!)

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!
ブログの書き方の参考になれば、うれしいです。
今日も楽しくブログを書いて、あなたのファンを増やしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する