売れている雑誌にはあって、「残念なブログ」にないもの | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

売れている雑誌にはあって、「残念なブログ」にないもの

売れている雑誌にあって残念なブログにないもの

売れている雑誌にはあって、残念なブログにないもの、

それは、絶対に売れる自信のある「特集」です。

電車の中の、雑誌の中吊り広告を見たことはありますよね?

中吊り広告の中でも、目立つようにデザインされているのが、

その号のいちばんの売りになる「特集タイトル」です。

 

売れている雑誌にあって残念なブログにないもの

 

 

 

 

 

 

 

雑誌編集者は、雑誌が1部でも多く売れるように、

全身全霊をこめて特集を考えます。

1本では足りないと判断すれば、

第2、第3特集まで組んで、チカラを投入します。

 

 

それに対して、残念だな~と感じるブログは、

なんとな~く、ぼんやりとしています。

 

カテゴリーを見ても、目を惹くタイトルがない。

つまり、「ここに自信があります!」という特集が見つからないんです。

 

おまけに、いちばんの<売り>のはずのカテゴリーよりも、

「日常のこと」「日々の暮らし」

なんてカテゴリーのエントリーが多かったりします。

 

 

雑誌はどんなにいい特集を組んでも、

その次の号の発行のとき、

コンテンツを重ねていくことはできません。

 

前の号の情報は、基本的に消えていくものとして扱われ、

どんなにリンクを張りたくても(笑)

前の情報を合わせて見てもらうことはできないんです。

 

 

でも、ブログは、いちばんの売りの特集のコンテンツを、

どんどんと増やしていくことができます。

 

記事内にリンクを張ることで、

前の情報を参照しながら読んでもらうこともできます。

 

 

あぁ、それなのに・・・。

 

「残念!」と感じる理由は、もうおわかりですね?

 

ウェブのメリットを全然、生かせてない。

 

 

ブログを魅力あるものに育て、ファンに集まってもらうには

「これが読みたかった!」というコンテンツが欠かせません。

 

そのために最も大事なこと。

 

「読者はどんな人なのか?」

「読者が求めている情報は何か?」

 

この2つをしっかりと決めて調査すること。

そして、売りになる特集を見つけ、

そのコンテンツを積み重ねていくことです。

 

 

もし、あなたがいま

「ブログが残念なことになっているな」と感じているのなら、

すべきことはただ一つ!

 

「読者はどんな人なのか?」

「読者が求めている情報は何か?」

 

をあらためて考えてみることなのです。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する