書籍出版ができる人の共通点 | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

書籍出版ができる人の共通点

編集脳アカデミーの藤岡信代です。
 
あなただけのキーワードを見つけ、一生使えるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。 
 
今日は書籍出版の話をしたいと思います。
 
ここのところFacebookで「出版しました!」「出版が決まりました!」というニュースをよく見かけるようになりました。
中には、編集脳アカデミーのセミナー受講してくださった方、ブログ診断を受けた方、コンサルを受けた方・・・
これ以外にも、個別にご相談を受けていた方もいらしてご活躍ぶりにわたし自身がワクワクしています。
 
ちょっとした出版ブームなんですね。
出版社出身としては裏事情もわかるし(笑)、出版のブランディング力があらためて見直されているんだな、と感じています。 
WEBマーケティングでは「コンテンツ イズ キング」という言葉があるのですが、書籍は、コンテンツの集合体、コンテキスト(文脈)ひいては、世界観を伝えますから、書籍にまとめることができるというのはWEB発信の上をいく価値がある、ということなのです。
 
 
 

書籍出版ができる人の共通点

 
 
ご縁があった方が次々出版されていくのを見て「やっぱりね!」と思うことがあります。
共通点と感じることを2つあげてみると、 
 
1.定期的な発信ができる 
 
メルマガを出し続けるとか、ブログをまめに更新するとか、基本的に、「書く」ことを習慣にできている
これは必要最低条件ですね。
なぜなら、文章は、書けば書くほど上手くなるからです。
 
ブログがいずれ本になったら・・・と夢を描いている方は、まず、毎日書くことを目標にするといいと思います。
最初から構成をして戦略的に書くほうがいいですが、それよりも何よりも「書く」こと(笑)。
  
2.自分の軸が明確である
 
自分の軸とは、「強み」であったり、コンセプトであったり、いろいろ言い方はありますが、一生飽きずに続けられるテーマです。
これを見つけられた人は、発信を長く続けられるので、結果的に書くことが上手くなるし、「強み」にもなってくるし、認知もされるようになります。
 
 

自分の軸を見つけるには?

 
 
わたしもコンサルで「強み」探しと言ったりコンセプトづくりと言ったりしてきましたが、「一生飽きずに続けられることは? 」とシンプルに考えるのが、今のところベストな方法だと思います。 
一生飽きずに続けるためには、 「好きであること」「無意識にしてしまうこと(得意なこと)」が条件になるので、自分自身に問いを立てて自分の答えを見つけた方が、す~っと波に乗っていく、と感じます。
  
ブログを仕事のツールとして書いている方の中には、「仕事になりそうだから」「資格を取ったので」「書けと言われたから」(!!)という方もいらっしゃるのですが、飽きずに続けられるかどうかという点ではどこかで壁にぶち当たるのでは?と感じます。
 
発信を始める最初の動機はなんであれ、文章を書くことは、「やりたい気持ち」がなければ続かない。 
なぜなら、文章は、思っている以上にメンタルを映し出すからです。 
 
もし、あなたに「書けない・・・」というスランプが訪れたら、まずは「やりたい!気持ちが素直に起こる状態かどうか?」を確認するといいと思います。
そこに??があるなら、「一生飽きずに続けられることは?」というしつもんを自分自身にしてみてくださいね。
 
 
 

軸を探す&出版のお手伝いします

 
 
「自分の世界観をまとめたい」「一生売れる商品を作りたい」「書籍を出したい」という方のためのセッションを定期的に始めます♪
 
メルマガの読者の方には特別価格で月に3名までの募集を予定しています。
ご案内はメルマガで行いますので、楽しみにお待ちください。
 
現在、電子書籍3冊のプロデュースと、2冊の編集作業が進行しているのですが、本当に楽しい!
わたしが深く関われる方は少数になってしまいますが、本気で取り組みたい方のために全力でサポートしていこうと思います。
 
雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!
ブログの書き方の参考になれば、うれしいです。
今日も楽しくブログを書いて、あなたのファンを増やしていきましょう。 
 
 
 
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する