累計30万部以上売れた料理本のタイトルは・・・? | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

累計30万部以上売れた料理本のタイトルは・・・?

見出しにはキーワードを入れる

今日からは、大事な、大事なタイトルのつけ方について、

何回かにわたってお話しますね。

私は22年間、出版社で編集者をしていたのですが、

雑誌以外にも書籍やムック(大判の雑誌スタイルの単行本)も数十冊担当していました。

その中でのベストセラーは、

30万部超のロングセラーになった料理本なのですが、

どんなタイトルだと思いますか?

 

『人気の100円おかず』

なんとベタな!(笑)。でも、これってすごく大事なことなんです。

 

タイトルづけの基本の“き”は、キーワードが入っていること。

 

この本の場合は、間違いなく「100円」がキーワードです。

それだけではなくて、「おかず」も、「人気」もキーワード。

「100円」というお値打ち価格でできる、

「おかず」であり(おやつなどのほかの料理ではなく)、

さらに家族が喜んでくれそうな「人気」のあるもの。

 

キーワードが3つ入っていれば、ストレートに内容が伝わります。

 

ウェブメディアでは、

タイトル(見出し)だけで読むかどうかを判断する、と言われます。

その時間は、せいぜい1~2秒でしょうか。

 

ブログ名はもちろん、記事の見出しも同様です。

SEO対策を考えるなら、

キーワードは、当然、狙っている検索ワードである必要もあります。

 

明日は、タイトルのつけ方のパターンをいくつかご紹介しましょう。

結構、いろいろありますよ。

自分が得意なパターンを持っておくと、タイトルづけがぐんとラクになります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する