自分が書きたいことを伝えるには、どうしたらいいの?(前編) | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

自分が書きたいことを伝えるには、どうしたらいいの?(前編)

編集脳養成アカデミー

「編集脳」トレーナーの藤岡信代です。
ブログに書くべきコンテンツとは?を以前にお伝えしましたが、原稿を書き終えて、はた!と気づきました!

読者のみなさんは、
「私が書きたいことを読者に伝える方法はないんですか??」と感じているのでは・・・と。
私はいつも、「読者目線が大事ですよ~」と書いたり、お話したりしているので、

そうじゃなくて!書きたいことを伝える方法を知りたいんです~~!!
と不満(?)がたまっていたかもしれませんね。

自分が書きたいことを読者に喜んで読んでもらう方法。
結論から言うと、あります!!

2つは確実にある、と私は考えています。今日は、その一つめを書きますね。

それは・・・
アイドルになる!
ことです。

今日はこんなことがあって~、とユルーく日記を書いてアクセスを集めている人と言えば、
芸能人

芸能人ブログの読者はファンの人が多いので、どんな些細な日常の出来事も喜んで読んでくれます。
ほんとの芸能人でなくても「その分野のアイドル」のポジションを得ている人も同じです。

つまり、圧倒的なファンがいればある意味、日記を書いてもOK!
伝えたいことを喜んで読んでもらえます。

日記のようなブログを書いていてアクセスを集めている人は、すでにファンがたくさんいる、
と言い換えられるかもしれません。

う~ん・・・、まだそこまでファンはいないかも・・
と感じたなら、ファンづくりをまず、進めましょう。

明日はもう一つの方法をお伝えしますね。

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!
ブログの書き方の参考になれば、うれしいです。
今日も楽しくブログを書いて、あなたのファンを増やしていきましょう。

コメントは利用できません。

雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する