雑誌&テレビ取材の報告が続々と・・・! | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

雑誌&テレビ取材の報告が続々と・・・!

記事タイトル

魅力的なコンテンツであなたのファンをつくる!
ブログの書き方をお伝えしている「編集脳」アカデミーの藤岡信代です。
自分自身の真の価値と出会い、思いが伝わる喜びを知って、
笑顔が輝くビジネスを続ける女性をサポートしています。

ここのところ続いて「取材が決まりました!」という声をいただくことが増えてきました♪
プレスリリース講座を12月に受講された方だったり、文章講座ブログ講座を受講された方だったり、それぞれにカリキュラムは違いますが、基本としてお伝えしている軸は変わりません。

それは、コンテンツマーケティングをベースにした集まるブログをつくるという考え方です。
誰に(読者ターゲット)何を(専門のコンテンツ)伝えるブログなのか?

ここがしっかりしていれば、最終的には雑誌やテレビなどのメディアの目にも留まる。
その成果が現れてきて心の中でガッツポーズ(笑)です。

すでにステップメールでもお伝えしているようにメディアづくりの本質は、雑誌をつくるのとまったく同じです。読者が求めている情報を、専門家レベルの質の高さで提供できれば必ず読まれるメディアになるのです。

その最初の一歩は、誰に(読者ターゲット)と何を(専門のコンテンツ)を決めることです。

ここを決めることさえできたら、あとは、ブログ記事の反応を見ながらPDCAサイクルを回してキラーコンテンツを見つけていく

実は、「誰に」と「何を」は、最初はちょっとくらい的がはずれていても(笑)構わないのです。
PDCAサイクルを回すには、決めないことには始まらないからです。

決めて(Plan)
記事を書いて(Do)
アクセスを分析して(Check)
次の仮説のもとに新しい記事を書く(Action)。

これをくり返すから、「あ、ちょっと違ってた?」ということにも気づけるのです。
だから、間違えないように・・・と慎重になりすぎるより始めてしまったほうがいい、と思います。

今回、ご報告をくださった方たちは講座後すぐ!に行動した方もかなりゆっくりスタートだった方も(笑)いらっしゃいます。
早く行動するに越したことはないと思いますが、ご自分のタイミングで始めることがもっと大切だと考えています。
そのほうが長続きするからです。

タイミングはいろいろだとしても大事なことは「行動した」こと!!!

「学んだことを始めました!」のご報告を、いつでもお待ちしています。

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!
ブログの書き方の参考になれば、うれしいです。
今日も楽しくブログを書いて、あなたのファンを増やしていきましょう。

コメントは利用できません。

雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する