Kindle出版はとても簡単!2つの押さえたいポイント | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

Kindle出版はとても簡単!2つの押さえたいポイント

編集脳アカデミーの藤岡信代です。
 
あなただけのキーワードを見つけ、一生使えるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。 
 

先日、はじめて編集担当した電子書籍が無事に出版されました!パチパチパチ!

カバーデザインとテキスト原稿が揃った時点から、実に8時間ほどでAmazonでKindle本として発売開始。

そのスピード感と、簡単さには驚きました~~。

きちんと手順を踏めば誰でも自分で出版できちゃう。

これは嘘ではないですね!

 

でも・・・・

正直に言います。

これは素人さんでは難しいだろうな~と感じた点がいくつかありました。

 

大きなところでは2つ。

1つめはデザインを見る目

2つめは商品力を見る目

順に説明しますね!



Kindle出版ではカバーが命!

 

1つめのデザインを見る目

それは、なんと言ってもカバーデザインの差に現れます。

Kindle出版は、個人でも出版できるのが大きな魅力ですが、出品される場はAmazonなので、プロの装丁家が手がけたカバーと同列に並んでしまう

「わたし、チラシつくるのとか好きだし!」

というレベルのデザイン力ではとても太刀打ちできません。

ここはぜひプロのデザイナーにお願いしましょう。


とはいえ、デザイナーに発注するには、

・イメージをお伝えする
・修正をお願いする

この2段階で、

自分自身にもデザインを見る目(判断する目)が必要になってきます。

デザイナーさんにおまかせ!とはいかないのですね。

ここをまず知っておくことが大事。

できればゼロから相談できるデザイナーさんにお願いするか、編集者をアドバイザーにつけてください。



売れるものに仕上げていく発想が必要

 

2つめは、商品力を見る目、です。

Kindle出版に必要なものは、

・テキスト原稿
・カバー原稿(JPGかTIFF)

この2つだけです。

(厳密に言うと、銀行口座とマイナンバーも必要)。


つまり、原稿が書けさえすれば出版はできてしまいます。

ただし、それが読者の手に届くかどうかは、別問題。


出版を夢見る人は、想いを伝えたい、情報を届けたい、と強く願っておられると思うので、やはり、買って読んでくれる読者が欲しいですよね。

そのためには、どんな情報の見せ方をすれば「読んでみたい」と思ってもらえるか?という視点が必要です。


これってわたしたち編集者が、毎号毎号、いえ、毎日毎日考え続けてきたこと

それもただ考えるのではなく、大事な2つのことをやり続けて感覚を磨いているんですね。


一つは、同じテーマの雑誌や書籍をしっかり研究すること。

もう一つは、小さなテストを重ねて読者の反応を確かめること、

です。


この2つの視点は、著者の立場だとゴソッと抜け落ちることが多いです。

だからこそ、やっておくと差がつくところ、とも言えます。


これはKindle書籍に限らず、ブログでもメルマガでもSNSでもYoutubeでもメディアを使った発信だったらすべてに共通すること。

つまり「編集脳」を鍛えておけば何にでも対応できる地力がつくのですが、まずは編集者のアドバイスをもらうのが、本当におすすめだと強く思います。

そこはプロの頭を借りて、著者は原稿執筆に集中する!ということですね。

 

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!
ブログの書き方の参考になれば、うれしいです。
今日も楽しくブログを書いて、あなたのファンを増やしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する