知って欲しいことは出版して届けませんか?「しつもん著者養成講座」のご案内

知って欲しいことは、出版して届けませんか?

編集脳アカデミーの藤岡信代です。
“伝わる喜び”を知って、資産になるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。

のんさん塾の塾生さんの鶴見恵子さんが、2冊めの電子書籍を出版されました!

『見方を変えればうまくいく! 片づけバトルから家庭平和への軌跡』

 

今回のKindle書籍のテーマは、ずばり!夫婦のパートナーシップ。
片づけられない夫とのバトルから始まるお話です。そう聞くと、身につまされる方も多いのではないでしょうか?

わたし自身、離婚経験者なので、夫の関係性がどんどん悪くなっていくくだりは、思い当たるフシがありすぎて胸が痛くなりました。

でも、片づけを通して、つるちゃん(著者さんです)が「見方を変えていく」過程を読むことで、心の痛みがほどけるような感覚を味わいました。思わず涙してしまった読者さんもいらっしゃるとか。

読書を通して、自分への問いかけや癒しになる、そんな一冊です。

9月5日23時まで、99円で購入できます。

想いは、書籍というカタチにして届けよう!

今回の鶴見さんをはじめ、いま5冊の出版プロジェクトが進行中です。

原稿がほぼ完成しているのが3冊ありますが、どれも著者の“想い”が詰まった作品です。

つるちゃんのようなエッセイ作品ではなく、実用的な内容の本ですが、
「読者の方に知ってほしい」
「知識を使ってより良い成果を上げて欲しい」
そんな気持ちが溢れています。

わたしは、その“想い”に触れるといつも、温かい気持ちになるんです。

誰かの幸せを願って込められた想い
それは、文章であっても、あたたかいんです。

想いは、目に見えないものです。

対面して話したり、一緒に時間を過ごしたりすることで、
感じ取ることができますが、このコロナ禍では、そんな機会が奪われています。

だからこそ、家にいる時間を使って、その想いにカタチを与えませんか?
AmazonのKindle出版は、
もっとも早く
もっとも簡単に
想いをカタチにして届けられる方法です。

「ブログ以上商業出版未満」が電子出版の価値

電子書籍出版は、「ブログ以上商業出版未満」とお伝えしています。

ブログ以上にパワフルで、商業出版よりもスピーディー
というのが、電子書籍出版のいちばんのメリットだからなのですが、ともすると、商業出版よりも劣ると考える人がいらっしゃいます。

25年以上商業出版に関わったわたしの立場から言うと、商業出版と電子出版(特にKindle)はまったく別のもの、です。

商業出版を夢(ゴール)にしている方は結構、いらっしゃいますが、電子書籍出版は、むしろスタートです。

あなたが伝えたいこと、あなたの想いをカタチにする。
そして、そこからの繋がりと広がりを体感する。

カタチにすることで始まることがあるから、まずはスピーディーに出版してみることが大事なんですね。

出版から始まる世界を見たい!という方に向けて、今月も講座を開催します。

商業出版のリスクについてもお話していますよ~(業界裏話です)

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!資産になる自分メディアを構築して、あなたのファンを増やしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する