自分で自分をコンサルしませんか? | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

自分で自分をコンサルしませんか?

あなただけのキーワードを見つけ、一生使えるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。


さて、今日は、定期開催している「しつもんワークショップ」について。



自分に問いかける時間を持っていますか?


「しつもんワークショップ」は質問家のマツダミヒロさんの「魔法の質問オンビジネス」というテキストを使うのですが、1つのテーマについて8つある「しつもん」に答え、一人ずつ伝え合うというスタイルで進みます。
しつもんの答えを考える時間は、1分間。
いろいろ考えるにはちょっと短めです。
なので、直感的に頭に浮かんだ答えを書くんですね。
これがですね、いいんですよ~、意外に(笑)。


今日、初めて参加した方からは「ふだんはゆっくり考えることがないテーマを掘り下げることができてよかったですという感想をいただきました。
考える時間は1分なのですが、1つのテーマを8つのステップで考えるので少しずつ思考が深まっていく、ということ。
それから、参加している人が答えを伝えあっていくので自分とは異なった視点の意見を聞くことができ、新たな気づきを得られる
だから、短時間でも脳がフルに活性化する感じなのです。


今日のワークショップのテーマは「分かち合い」の法則だったのですが、参加者の方からこんな感想もいただきました。
「分かち合いがテーマでしたが、それぞれの参加者がいろいろな分かち合いの形を発表されて、新しい商品のアイディアがどんどん生まれている!と感じてワクワクしました~」


はい、そうなんです!
8つのしつもんに従って、「自分が分かち合える人は誰だろう?」と考えていくと、新しいコラボのビジネスのアイディアに発展していったんです。



自分で出した答えだから、自分にいちばん合う


あ、これはすごい!と思いました。
なぜ?って?
自分で自分をコンサルしている状態だからです。
あなたは自分で思いついたアイディアと人からすすめられた(あるいは助言された)アイディアだったらどちらがワクワクしますか?


私は、圧倒的に(笑)前者。
アイディアを思いつくことが楽しいし、やる気もぐぐーんとアップします。
人からの助言もとても大事ですが、最後までやりとげよう!
という気持ちは、やはり自分で出したアイディアのほうが盛り上がると思います。
なにより、自分にいちばん合う答えは自分の中にしかない、と思うのですね。
やりたい!という気持ちは自分の中からしか生まれないですもんね。


自分の中から答えを引き出してくれる「しつもん」のワーク、
自分らしいブログやビジネスを長く続けたい、という方には、この方法が合うんじゃないかな?と思います。
「しつもんワークショップ」は毎月だいたい中旬の水曜日、金曜日に開催予定です。

Facebookのイベントで告知していますので、自分で自分をコンサルするという体験に興味のある方は、のぞいてみてくださいね。
なごやか~な雰囲気でやっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する