オンラインビジネスに欠かせない 「ご縁リスト」とは?

オンラインビジネスに欠かせない 「ご縁リスト」とは?

オンラインビジネスに欠かせない「ご縁リスト」とは
編集脳アカデミーの藤岡信代です。
あなただけのキーワードを見つけ、一生使えるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。
 

新型コロナウイルスの影響で、ビジネスのオンライン化を急いでいる方は多いと思います。公式ウェブサイトやSNS、ECサイトなどメディアの整備はもちろん重要ですが、長期に安定して収益を上げていくためには、「ネットでご縁を繋ぐ・深める」という仕組みが必須です。今日は、ネットでご縁を繋ぎ、深めていく「ご縁リスト」について解説します。

CONTENTS

売り上げの安定につながる「ご縁リスト」とは?

「ご縁リスト」とは、大きく捉えると、「こちらからコンタクトを取ることができる人の連絡先リスト」のことです。

 

正式なマーケティング用語ではなく、私が使っている、言わば造語です。言葉のとおりの意味で受け取っていただくのが良いと思います。

 

ビジネスのシーンで言うと、もっとも使われているのが「名刺ファイル」です。いまは名刺管理アプリが「ご縁リスト」になっている方も多いですね。

セールスの仕事をしている方は特に、いかに名刺を集めるか?が実績に直結すると思います。それはオンラインビジネスでも同じなんです。

 

オンラインでビジネスをするときの「ご縁リスト」は、もう少し条件があるのですが、それはまた後述するとして、ここではまず「ご縁がつながっている人の連絡先のリスト」をイメージしてください。

「ご縁リスト」がなぜ大事なのか?

ご縁が繋がった方のリストという意味では、学校の卒業生名簿もそうですし、サークルの連絡先一覧もそうですし、父母会名簿や町内会名簿なんかもそうです。さらに、SNSで繋がった人たちのグループも、ご縁リストになりえます。

 

こういったご縁は、一見ビジネスには関係ないように思えます。けれども、実はさまざまな場所でビジネスのつながりにも発展するのです。

 

私がビジネスコーチングを受けている、「オンラインビジネス・ラボの主宰の戸田輝さんは、携帯電話の連絡先リストから、ワイン会のビジネスを始められました。

 

ワインが好きそうな飲み友達にお誘いのメッセージを送り、ワイン会を開催することを重ねて、収益の上がるビジネスの仕組みに変えていったそうです。

今では、「TOKYO WINE PARTYという大きなコミュニティになっています。

 

そう、ビジネスは、ビジネスの場だけで成立するのではない。

さまざまなご縁の繋がりが、ビジネスをもたらしてくれる。

 

「ご縁」がとても大事である、ということに異論がある方はいないでしょう。

「ご縁リスト」の大事な2つの条件

ご縁の繋がっている方にメッセージを送ることができれば、そこからビジネスになる可能性がある、という例をお話しましたが、この考え方は、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という手法になっています。

ご興味のある方は、ぜひ検索して調べてくださいね。

 

私がお伝えしている「ご縁リスト」の仕組みも、考え方と手法は、このDRMを元にしています。そして、「ご縁リスト」には、大事な条件が2つあるんですね。

 

  1. メッセージを送ることを承認していただいている
  2. オンラインでコンタクトができる仕組みがある

 

たとえば、ビジネス交流会で名刺交換をした方に、自分の新しい商品・サービスの案内をメールで送りたい。そこで、メールアドレスをリストにして、一斉送信した。

 

これは、「ご縁リスト」のやり方ではないんです。

なぜなら、「商品・サービスのご案内を送る」ことを承認していただいたわけではないからです。

 

意外にやりがちというか、実際に行っている方をちらほら見かけますが、厳密に言うと違法行為ですし、「ご縁を深める」という目的から言うと、逆効果になりかねません。

 

2つめの「オンラインでコンタクトができる仕組みがある」というのは、わかりやすく言うと、メールアドレスを教えてもらうこと。もしくは、LINEでつながっている、FacebookなどのSNSで直接、メッセージが送れる、というのも含まれます。

 

こう書くと、このご時世では当たり前のようにも感じますが、“オンラインでコンタクトができないけれども大事なご縁”というのも、対面のビジネスでは結構、存在しています。

 

わかりやすいのが、飲食店の常連さん。

お顔もお名前も覚えているけれども、メールアドレスはおろか、電話番号すら知らない。

そんな顧客様とのご縁は、実は、「お客様に来ていただく」というところでのみ、繋がっているんですね。

こういったお店は、コロナ禍では大変苦しい状況だったのではないかと思います。

 

もし、その顧客様にメールを送ることができれば、「休業期間のお知らせ」や「コロナ対策について」、あるいは「デリバリーを始めました」や「コロナ対応の新しいサービスメニュー」などもお知らせできます。

 

実際、私がLINEに登録していたある飲食店では、緊急事態宣言が解除になったあと、さまざまな新サービスのお知らせを送ってきてくれて、「あぁ、がんばっているんだな。応援したいな」という気持ちになりました。

(そして意外にも、LINE登録しているのに何もコンタクトがないお店もあります!)

 

対面サービスではあっても、「オンラインでコンタクトができる」。

 

これからの時代には、とても大事な条件であることがおわかりになると思います。

「ご縁リスト」から得られるもの

ビジネスにもつながる、大事な人と人とのご縁。

それを、オンラインで連絡がとれる(許可を得た上で)仕組みにした「ご縁リスト」。

 

この「ご縁リスト」から、私が得たものを最後にお伝えしますね。

 

私が仕組み化しているのは、無料メール講座に登録いただいた方に、メルマガをお送りするという「ご縁リスト」なのですが、これまでの5年間にのべ1600名のご登録をいただき、現在は約650名の方にメルマガを配信しています。

 

このメルマガで、

 

 

のご案内をしてきました。

 

ウェブサイトでも告知は出しますが、メルマガでのご案内からお申し込みをいただけるので、ブログの更新を気にせず、マイペースでビジネスを続けることができています。

 

私が自分の「ご縁リスト」から得られたものは、次の5つです。

 

  • 良い関係を続けていけるファン、仲間
  • 未来のお客様とのご縁の繋がり
  • リピートしてくださる顧客様との繋がり
  • 「時間」と「場所」の自由
  • 自分でコントロールできる収入

 

私からの情報を受け取ってくださる方を「ご縁リスト」にして、メルマガを発信し続けることで、愛読してくださるファンができ、応援してくださる仲間が現れました。
そして、「のんさんから教わりたい」と言ってくださるお客様に出会うことができ、さらには、リピートしてくださる顧客様も増えてきました。

 

新型コロナウイルスの流行期でも、場所の制限を受けることなく、自分のペースでビジネスを続けられる、「時間」と「場所」の自由も手に入れました。

お申し込みまでの仕組みができているので、収益もコントロールできるようになってきました。

 

最もありがたいことは、「安心・安定」を手に入れたことです。

 

ブログやSNSの発信を見てもらえるのだろうか?

商品・サービスは必要な方に届くだろうか?

欲しい収益は達成できるだろうか?

 

フリーランスになってからずっとドキドキしながら進めてきたビジネスが、「安心・安定」してきたのです。

 

同じような気持ちを抱えている方には、「ご縁リスト」はきっと助けになってくれると思います。

まとめ:「ご縁リスト」は安心・安定の第一歩

2020年の夏を迎えて、この仕組みを必要としている方はきっとたくさんいるに違いない。

そう感じて、「ご縁リスト」について解説記事をまとめました。

 

私の実績は決して誇れるものではありませんが、同じようなビジネスの規模で、これからのビジネスの在り方を模索している方の参考になればとても嬉しいです。

 

読んでいただいてわかるように、「ご縁リスト」は誰にでも存在するし、また、新しく作ることができるものです。そして、いただいたご縁を大切にすることは、必ずビジネスの「安心・安定」につながります。

 

ご縁リストの具体的な作り方や活用法も、これから記事にまとめていきますので、そちらもぜひ参考にしていただければと思います。

ご縁リストの作り方をまとめたメール講座を構築中です。

準備が整い次第、ウェブサイトでご案内します。

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!資産になる自分メディアを構築して、あなたのファンを増やしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する