自分に向き合うときの視点で、最適の答えが出せる! | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

自分に向き合うときの視点で、最適の答えが出せる!

編集脳アカデミーの藤岡信代です。

あなただけのキーワードを見つけ、一生使えるコンテンツを育てるコンサルティングをしています。

 

大型台風チャーミーが沖縄を通過した翌日、わたしは、サミットの会場になった万国津梁館にいました。
年に一度の 「しつもんカンファレンス」で 登壇するため、だったのですが、 欠航あいつぐ中、ミスもしつつも無事に現地入り。

最近、つくづく起きていることにはすべて意味がある、と感じます。
スピリチュアルな感覚ではなく、 自分の人生を形づくるのは、 選択だと思うからです。


選択が結果に繋がるのならば・・・



いま起きていることに対して どう受け取り、 どう行動するか。
選択肢は無数にあり、 その中の一つを選んで行動する。
その積み重ねが結果であり、次に起こることに 繋がっていく。
望む結果を生まないときは、 選択が違っているんだなぁとつくづく反省中です。

というのは、 同じ課題が形を変えて やってくると感じるから。
その課題をクリアするには 違う選択、違う行動をすることが必要、ということなのです。
何かトラブルが起きたとき、望まないことが起きたとき、あなたは、どんなふうに考えますか?


望む結果を導く「しつもん」



以前は、「なぜ?」と考え、私が●●だから私が●●しなかったから と過去のことを責め、 フリーズして(笑) 動けなくなっていました。 


でも、いまは 「どうすれば望む結果になるか?」 と問いかけるようにしています。
なぜ?の質問は、課題発見には有効なのですが、自分の内面で グルグル堂々めぐりを始めたら、 要注意!

同じところをめぐって 進むべき方向が 見えなくなってしまいます。
反省点を見つける、 しっかり反省することは 大事ですが、 視線は前に、未来に向ける。

未来はどうすれば 最高の状態になるか? を見たほうが 良い選択に繋がるのです。



視点を変えるには、視点を知ること


視点の切り替えは、 自然にはできないので、 意識して取り組むことが 効果的です。
(わたしが学んだ しつもんの活用法は、 ここで学べます)
この切り替えを心がけることで、「できていることを見る」 ということも できるようになりましたよ!
これ、勇気が必要なときには 絶対にしたい思考法です!

さて、 視点の切り替えという意味で もう一つ、 大事な視点があるのですが、それはまたあらためて。

 

雑誌のように楽しく!書籍のように役立つ!
ブログの書き方の参考になれば、うれしいです。
今日も楽しくブログを書いて、あなたのファンを増やしていきましょう。 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する