読者に受けるから・・・という理由で、やってはいけないこと | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

読者に受けるから・・・という理由で、やってはいけないこと

ブログでやってはいけないこと

絶対に売れる企画=キラーコンテンツがある。

そのありがたさは、想像しなくてもわかるのではないかと思います。

とはいえ、キラーコンテンツが欲しい、アクセスをとにかく集めたい、

その気持ちが強すぎると、

思わぬ落とし穴にはまることもあります。それは、

 

「読者に受ける記事をくり返しているうちに、

伝えたいことからズレてしまった・・・」

 

ということです。お心当たりはありますか?

 

「ブログに何を書いていいのか、わからない」

と悩んでおられる方の中には、

案外、このタイプがいるのではないか、と思います。

 

特に、日本人は食べ物の画像が大好き

(facebook投稿の傾向として聞いた話です)、

ランチで食べたものやおしゃれなスイーツの画像は、反応が得られやすいため、

ついつい食べ物の話で・・・となりがちです。

 

雑誌の特集でたとえるなら

ファッション誌の第1特集が、ダイエット。延々40ページ!

インテリア雑誌の第1特集が、収納改善。堂々30ページ!

という感じ?(笑)

 

ファッション誌のダイエットも、インテリア雑誌の収納も、

企画テーマとしては人気があり、はずせないものです。

 

でも、第1特集でやることはまれ・・・。

なぜなら、読者に期待されていることとは違うからです。

 

ブログをもしビジネスに使う目的で発信しているとしたら、

あなたの「専門」を表現する記事が特集であるほうが、望ましいのです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する