まずは小さな“注目”を起こすことを考えてみる | ブログの書き方なら、元雑誌編集長が教える編集脳アカデミー

まずは小さな“注目”を起こすことを考えてみる

魅力的なコンテンツであなたのファンをつくる!
ブログの書き方をお伝えしている「編集脳」アカデミーの藤岡信代です。
自分自身の真の価値と出会い、思いが伝わる喜びを知って、笑顔が輝くビジネスを続ける女性をサポートしています。

 

原稿書きと編集の仕事の合間に読んだウェブ記事で興味深い言葉に出会いました。

さとなおさんが書かれたこれからの広告業界や働き方についての文章。
これが面白かった。

私自身もそうですが、情報を言葉で伝える仕事をしている人間にとってインターネット以前と以後とではまったく世界が違っています。

しかも、これから未知の世界を突き進むことになる。
成功体験が通用しなくなると思ったほうがいい時代、といった内容でした。
(ざっくりですけど)。

その文章の中で、あぁ、そうだった!と思った言葉が「砂粒1つ」です。

インターネット上にある情報は、あるとき、地球上のすべての砂粒の数を越えた。
(ん?誰が数えたんでしょ?笑)

だから、発信するひとつひとつのコンテンツは、砂粒1つに等しい。
ということ。

 

ただ情報が存在する、というだけでは見つけてもらいにくい時代に私たちは発信をしている、ということなんですね。

はぁ。ため息・・・。

だから、注目を創り出すことが戦略になる、というわけです。

これから、とりあげていく予定の『ATTENTION』という本には、注目を創り出す仕掛けについて詳細に紹介されているのですが、あなたにまず考えて欲しいのは、誰に注目してほしいのか?ということです。

世界中の注目を集めたい!!という人は実はそんなに多くないと思います。

顧客の方に・・・
新規のお客様に・・・
未来のファンに・・・

いろいろあると思いますが、あなたは誰に注目してほしいですか?

 

ここを明確にしておけば、注目の創り方も具体的にアイディアがでてきます。

自分が伝えたい相手に、まず目に留めてもらえるように何をするのか?

せっかくだったら読む人の心に、楽しい気持ちやうれしい気持ちを起こして、注目されたいですね♪

ちょっと意識してみてください。

コメントは利用できません。

雑誌のように楽しく、書籍のように役立つ
選ばれるブログ100のヒント

無料のメール講座に登録する